メカブ

函館魚市場に「メカブ」が上場されています。「メカブ」は ワカメの根本部分にあたるもので、スーパーでよく見るワカメと「メカブ」は同じ食材になります。

ここ函館では、例年3月中旬から約1ヶ月の間 めかぶの水揚がありますが、今年は1週間から10日程度 早くから漁が行われています。

生のメカブの葉の部分をさっと湯通しし、粘り気が出るまで細かく刻み、ポン酢や酢醤油をつけて食べても良し、納豆やとろろに混ぜても美味しく頂けますよ。

前の記事

サクラマス

次の記事

ヤリイカ