真だら

噴火湾で水揚げされた「真だら」が、函館魚市場に上場されました。ここ道南地区では、12月から翌年3月まで 延縄や一本釣り漁により水揚げされます。

この時期の真だらの身は 「タラちり」などの鍋料理に最適です。また、オスの白子は栄養価も高く人気の食材で、函館では「タチ」と呼ばれ、味噌汁やお鍋・天ぷらなど 様々な調理法で食卓を飾ります。

一般的にタラコと呼ばれるのは すけとうだらの子(卵巣)ですが、「真だら」の子は すけとうだらの子に比べ大振りで、煮付け・焼き物・和え物などで食されます。

前の記事

ヤリイカ

次の記事

2022年 初せり!