にしん

先月から上磯沿岸で水揚げされた「にしん」が 函館魚市場に上場されています。

にしんは 冷たい海域を好む回遊魚ですが、春になると産卵のため浅瀬に押し寄せてきます。

北海道沿岸では、海の色が一面白く変わる「群来(くき)」と呼ばれる現象が見られることがあります。これはにしんの群れが産卵の際に、オスが放精することでその辺り一面の海が白濁するものです。

刺身、塩焼き、煮物など幅広く食べられている魚で、身欠きにしんや糠にしんなどの加工品も多くみられます。身欠にしんは、昆布巻や北海道の郷土料理である「にしん漬」にも使用されます。

前の記事

船凍スルメイカ