秋鮭

函館魚市場に、「秋鮭」が上場になりました。

北海道を代表する魚種であるこの「秋鮭」の約9割は、定置漁業によって水揚げされます。道東やオホーツク・日高地区では8月中旬より、ここ道南地区では9月初旬より操業が開始となります。画像は、ひと足早く水揚げとなった 函館市南かやべ産の「秋鮭」です。

道南地区の水揚量がまとまる時期は、例年10月から11月中旬となります。 近年不漁続きではありますが、今年の水揚げに期待したいところです。

前の記事

ウニ

次の記事

ヤリイカ