ウニ

函館魚市場に殻付きウニが上場されました。上記画像は、棘の短い種類の「バフンウニ」で、よくガゼやガンゼと呼ばれます。

ムラサキウニ

こちらは、長めの棘で 紫がかった黒色が特徴の「ムラサキウニ」で、ノナとも呼ばれます。

道南地区では、主にこの2種類のウニが水揚げされます。殻付きの他に、スーパーやお寿司屋さんなどで目にすることのある「折詰(板ウニ)」や プラスチックの容器に入った「塩水ウニ」の状態でセリにかけられることも多いです。

左:折詰  右:塩水ウニ

前の記事

ツブ貝

次の記事

秋鮭