ブリ

噴火湾で水揚げされた「ブリ」が、函館魚市場に上場されています。

「ブリ」は、10年程前から徐々に水揚げが増え始め、近年では道南地区を代表する魚種のひとつになります。出世魚としても有名な魚ですが、函館では重量の軽い順に 「フクラゲ→イナダ→ワラサ→ブリ」と呼ばれ、地域によっても呼び名は様々です。

例年、夏から秋口にかけ水揚げが増えてきますので、今後の漁に期待したいです。

前の記事

船凍アカイカ 入港

次の記事

ツブ貝