船凍アカイカ 入港

函館港に、今年度最初の船凍アカイカを積んだ船が入港しました。部位やサイズ別に仕分けをし、順次荷揚げ作業が行われます。「アカイカ」は、魚体の大きな種類のイカで、釣り上げて直ぐに 胴体・足・耳・軟骨などに解体され、その部位毎に鮮度の良い状態のまま 船上で凍結処理を行います。

「アカイカ」は主に太平洋側で水揚げされますが、春先の漁場はハワイ沖での操業が多く、1週間から10日程の日数をかけて 日本へ帰港します。

前の記事

メバル

次の記事

ブリ