サクラマス 

函館魚市場に、近海産の「サクラマス」が入荷されました。

「サクラマス」は 釣りや定置網漁が主体で、ここ道南地区では 函館近海や道南の福島町で多く水揚げが見られ、「本鱒(ほんます)」とも呼ばれます。

例年 この3月から徐々に漁が見え始めますが、近年は水揚げも少なくなっており、鮭鱒類の中でも 高値で取引される傾向にあります。

お刺身や塩焼き・フライなど様々な調理法がありますが、漬け魚加工(粕・味噌・西京漬けなど)の原料としても 用いられる商材です。

前の記事

にしん

次の記事

メカブ