スルメイカ漁 解禁

6月1日より 北海道のスルメイカ漁が解禁となり、本日 6月2日 函館魚市場にて今シーズンの初セリが行われました。

初日は15隻が出漁し全体で約1.2tの水揚げ、前年同様 青森県小泊沖での操業となりました。サイズは 平均で50~55gほどが主体で、前年の40g台と比べ 若干大きな型からのスタートとなりました。生きた状態で入荷される いけすイカは894kgの水揚げがありました。

近海の漁がみえるまでは しばらく青森沖での操業が続く見込みですが、今年も道内のスルメイカ漁に 期待したいと思います。

前の記事

メカブ